薮に潜ったり、瓦礫に登ったり、壊れたおうちの中を探索したりの、「災害救助犬」

なんか、いつの間にか「マリちゃん介助犬」説が出ていますが。。。。
来客や、電話が鳴っているのを知らせたり、落としたものを拾ったり、ドアを開けたり閉めたり、お届け物(?)をしたりの、高度かつ的確な判断力を絶えず要求される介助犬なんて、


    泣・泣    無理無理。ぜったい無理~~    泣・泣


               ぜいぜい・・・・・。
 
さて、それはおいといて。
マリちゃんの「目の下クマ」写真、ぜひ見てみたいという、強硬なリクエストにお応えして。  
a0092032_1159282.jpg

   こんな、楽しそうなマリちゃんが、、、、

   寝起きで化粧が取れて頭ぼさぼさで、あ、写真なんか撮らないでよ、みたいな、

そんな写真、見たい?  ホントに見たい?
[PR]
救助犬訓練、初めてみるとこれがまぁ、知らないことばかり。
ガレキに埋まった人を捜す、という作業の前に、こんなに課題があったとは。
そう、たとえて言えば。。。。。
大学受験の前には、とりあえず幼稚園からどうぞ、みたいな。

幼稚園のお受験。ジャパンケンネルクラブで言うところの、家庭犬 CD1。
           それって・・・・・・・・・・   なに?

答え。  要するに、紐があってもなくてもちゃんと犬が言うこと聞くかって言うこと。
長く培った信頼関係があるもの、当たり前じゃん♪ 
と、請け合いところだが。

とんでもねーんだな。この暴走マシン。パニック体質とでも申しましょうか。
おかあしゃんが、振り返ったらいない。 迷子パニック。
乗ってたイスから滑り落ち、紐で括られてるものだから、イスが追ってくると勘違いしてものすごい勢いで逃走したり。もれなく、イス付き。

こんな犬に、できるのか?

うん、まぁ・・・・・・・・・・・・・  とにかく、やってみることにしよう。

a0092032_23574095.jpg

             場所は和光市、訓練場横の、土手っ腹。

「尻尾が下がってるんだよね」と仰った、トレーナーさんの特訓を受ける。

             トップバッター、マリちゃん行きますっ。
a0092032_23594474.jpg

①脚側行進  真横をピッタリ歩く。この耳は、チャームポイント、だな。
          でも、アイコンタクトが出来てない。

a0092032_01842.jpg

はい、ターンして。  真剣なのはいいが、口が「ム」になってます。 楽しげにっ。
 
a0092032_022215.jpg

②行進中の停座  歩きながら出したコマンドで、その場に「お座り」 まぁまぁかな。

a0092032_044625.jpg

③その場での停座及び伏臥  さらに、そこから「伏せ」。甘いです。浮いてます。
                     「来い」を想定している時点で、マイナス。

④停座及び招呼  確かにそこから、「来い」って言うんだけどね。

a0092032_04048.jpg
  
⑤停座からの立止  意外と難しい、「立って待て」 つい、座っちゃう犬が多いそう。
              でも、なぜかこれは出来る。 ぼーっとしてるんでしょうか。

a0092032_093763.jpg

その、待ってるマリちゃんの左から回り込んで。。。。 
a0092032_095515.jpg

はい、基本姿勢に戻ります。  マリちゃんの目が、こちらをチェックしてますな。

⑥障害飛越  体高の1.5倍の高さまでは、飛べるんだそう。ホントかいな。

a0092032_013263.jpg

             がんばりや~。  (ラッキー君、トレーナー可愛いね)

「うん、随分良くなった。良くなったねー」 トレーナーさんからの誉め言葉。
これは、誉めれば木に登り、けなすと凹む、マリちゃんへのねぎらいでしょう。

           はい、お疲れさま~。  終わりだよーー。  
a0092032_014478.jpg
 
                あ。   目の下、クマってる。
[PR]
    みなさん、こんにちわ。  マリちゃんで~す。

a0092032_194083.jpg

    今日はマリちゃん、久しぶりに山登りに来ています。

    やっぱり山は、楽しいなーのよー。  高いトコ、大好き。景色もいいのよ。

    ここのところ待てだの来いだの、訓練ばっかりでかわいそーって思ったのか、
    おかあしゃんが連れてきてくれました。  えへ。

    でもね。
    
  ちょっとこの山、へんな物があるんですなのよ。  あんまり、他の山には無いなあ。
a0092032_195863.jpg

                    ほら、車。


   マリちゃんが知らないだけで、山には車が、埋まってるもんなんでしょうか。
   山菜とか、キノコとおんなじに。  季節モノ?

   知らなかったなのよー。

   だいたいこの山、登山口に、
a0092032_1173920.jpg

   こ~んなアブナい立て札が立ってるし、
a0092032_1181238.jpg

   コンクリばっかりで、土ないし。 何でだか鉄の筋交いとか残ってるし。

a0092032_1182950.jpg

      頂上に「○○山」」とかの標識もないし、三角点もなくってよ。

            ね、おべんと、食べないの?

            食べない。 あ、そ。  じゃーせめて記念撮影♪。
a0092032_133020.jpg

            上手く撮れた? 
            おかあしゃん、いつかみたいに画像なくしちゃ、ダメでしてよ。 
  
            でわ下山。
a0092032_1331897.jpg

      かつらくじこってねぇ、下山中のほうが多いんだよ。足疲れるからね。
      でもその点、ワンは便利。4本も足あるし、クッションは効いてるし、
      アイゼンも着脱簡単。 楽々、自由自在でしてよー。 

                   あー楽しかった。
a0092032_1333510.jpg

                   ♪ ぶふふん ♪

      そーかそーか、楽しかったか。 マリちゃん、ガレキデビュー合格だねぇ。
a0092032_1334984.jpg

   マリちゃんが、山と信じて登っていた、これ。。。

   標高約6㍍のガレキ山。埼玉富士見市の、練習場に作られたものです。
   シェパード、ラブなどは、これを一気に駆け上がってジャンプ一番飛び降りてくる。
   すごい身体能力。  これを駆け上がるマリちゃんは、想像・・できないなぁ。

   まぁ、楽しく登山できただけでも、合格といたしますかな。
   かなりぐらついて、歩きにくいもんだね、コンクリって。
[PR]
「尻尾が下がっちゃってるんだよね」
一通りの練習パターンを終了したところで、先生が言った。
「言うことはよく聞いてるんだけど、コッカーとしての良さが出てない。
楽しそうじゃないんだな」
が~ん。  やっぱりそうであったか。

救助犬練習デビューの、あの晴れた日。日差しは強く、暑かった。
初めて見る犬たち。
シェパード・ラブ・黒ラブ・ビーグル・ポメ・ダックス・スキッパーキなどなどなど。
全部で、18頭くらいだったかな。
アメコカもいた。
日差しも草いきれも何のその、楽しげでうきうき練習していた。
a0092032_22532475.jpg

遭難者捜索も、探しに行くのが待ちきれずに、「早くッ早くッ」と鼻を鳴らして催促する。
「探せッ」
「ヘイッ合点ッ」
弾丸のごとく吹っ飛んでいって、隠れた人の箱の前で、力一杯吠え立てる。
「見つけた見つけた見つけた!!」
「ソウッ!! すごいねーよく見つけたねーっっ!!」

ちがう。。。。。。  ちがうぞ。 この、
a0092032_2314834.jpg

足下で呆然と、この光景に見惚けてる犬と。
なんだろう、これって。。。。。
うーーん。
のんびり?  うん、それもあるかもしれないが、そうでなく・・・ ぼんやり? ぼけー?
近い。 では、なぜ「ぼけー」なのかと考えれば。
日頃の刺激が足らない。
まぁ、鍼灸院の看板犬をしているとはいえ、そんなに毎日目新しいことも起こらない。患者さんも、いつものマリちゃんがいれば幸せ。
散歩の刺激が足らない。
その時間の合間を縫って、せかすようにトイレトイレ、と出ていく散歩に、さほどの刺激があるとは思えない。ルートは変えてると言っても狭い練馬、そんなに変化無し。
訓練の刺激が足らない。
はいーーーーその通りでございます。
「ヒール」 「ゴー」 「ステイ」 「シット」 「カム」
確かに全部出来ます。ステイなんか、カメラ撮影のおかげでいくらでも出来ます。
ちっちゃいトリーツ1つで、何でもしてご覧に入れましょう。
こちらはコマンドをかけて見守ってればよいのです。
しかし。。。。

「犬にやらせるんじゃなくて、やってもらう。その気持ちが大事なんだよ。で、やってもらうためには、人の方が今の3倍動かなきゃ。楽しい~、訓練ってわくわくする、といろんな工夫をして、自分のテンションを上げて、走って、犬に次に何が起こるのか期待させなきゃ」

もしかして、それはマリちゃんの問題ではなく?と思ったとき、先生が手を伸ばした。
「はい、リード貸して。 マリちゃんっ」
a0092032_23372198.jpg

             ぴしっ わくわくわくっ

途端にマリちゃんが変わった。
反応が早い。動きが大きい。初めて会った、しかもリードを引いて命令をかけるコワモテのおっさんなのに、なんと目をキラキラさせて次のコマンド待っていることか。
尻尾もピン♪  トレードマークの、尻尾周りの白い毛が子鹿みたいにぴかぴか光る。
こんなに一瞬にして変わるものか。

溌剌と場内一周して、マリちゃんのリードは、ふたたび手元に帰ってきた。
どよん。   馬車がカボチャに戻ったかのように、ただの犬。
「分かった? マリちゃんは出来るんだよ~」
はいー。分かっております。。。。  

しかし、私にとってテンションを上げる、と言うのは、逆立ち1分間より困難です。
とほほ~。
目の前に難問山積み。
 「ローテンション飼い主 VS 吠えない・嗅げない・暗いの恐い の3×犬」
これからどうなるか、見守っていてくださいね~。
[PR]
そう言えば、「救助犬協会」はどうしたんじゃ。 
と、思われている方も、多いのでは。

実は、行って参りました。 しかし、当事者であったもので、ろくな写真が撮れてません。
まずは、こちらをご覧あれ。
災害救助犬の訓練に行ってきた  取材: なかちゃん氏。

見たらまた、戻ってきてね。続きが。。。
[PR]
    こんにちは。

    (a いつもお世話になっています  b 初めまして)

    アメリカンコッカースパニエルの、マリちゃんです。

    今年の5月で、3才になりました。
a0092032_17151640.jpg

今、マリちゃんは、埼玉は和光市、というところにある、
「きゅうじょけんきょうかい」の、チームべるで と言う会主催の、
訓練場に来ています。

こんな所に来るなんて、マリちゃん聞いていませんでした。
何をしたらいいかも、聞いていません。

大好きなヤギミルクで、救助犬になる♪と懐柔されたという、噂も飛んでいるようです。
でも、救助犬、てなんですか?
マリちゃん聞いたこともありません。

これからマリちゃんはどうなっていくんでしょうか。。。。。

かなり、いえとっても、不安いっぱいな、新しいブログの始まりです。 
[PR]