2010服従捜索訓練試験

2010年6月6日(日) 晴天 開催場所 西武池袋線練馬駅北口区民広場
a0092032_0161859.jpg

日本救助犬協会主催の登竜門、「服従捜索訓練試験」が参加頭数35頭という盛況の内に行われた。
チームVERDEからの参加は、柴犬 クッキーとアメコカ サラの二頭。いずれも初参加。



初参加とは思えぬ落ち着きと信頼関係に結ばれたクッキーは、多少慎重で硬かったものの、ほとんど模範演技のよう。
a0092032_021378.jpg

片やサラは、月齢10ヶ月という経験不足を最初の脚側停座から露呈し、紐付き脚側行進・停座招呼などすべての課目で、理解の不十分さから走りかかり制止された。 

服従初級はいずれも合格。

さて、今回の試験では、二年前から行っている「都立城北中央公園ドッグラン」のしつけ教室からの有志が参加した。
いずれも、飼い主(以下、ハンドラー)がしつけもしくは、飼育上困ってしつけ教室に参加、継続的に練習してきた物である。
当初はまったく言うことを聞かなかったり、紐の届く限り走り回ったり、他の犬に対して臆病・攻撃的だったりした。
それが1年半ほどで、試しに協会試験を受けてみようかと言うところまで来た。犬、ハンドラー共に緊張とともに楽しもうという気持ちが、事前から感じられ、良い演技が期待される。

まず、ボーダーコリーの、カール。 紐付きの脚側行進。
a0092032_0321824.jpg

ハンドラーの指示もタイミング・声の大きさとも良く、犬との距離もいい。

行進中の停座・招呼。
a0092032_0374713.jpg

ハンドラーが落ち着いて、審査員の指示を待っているところ。

障害飛越。
a0092032_0385068.jpg

綺麗なジャンプ。 躊躇無くよく飛んだ。

続いて、ジャックラッセルテリアのルース。

指示による脚側停座。
a0092032_0402033.jpg

右手の指示もわかりやすく、犬とハンドラーの視線もきちんと一致している。

脚側行進、復路。
a0092032_0413886.jpg

ハンドラーの真横を、リードの強制無く楽しげに歩いている。

行進中の伏臥
a0092032_044149.jpg

少々曲がってはいるが、右手の指示も良く、犬の姿勢も緊張感あって良し。

障害飛越
a0092032_0454328.jpg

大型犬と違い、小型犬は低い障害物。余裕を持って飛んでいる。

一週間前の練習では、過度の緊張からほとんど形にならなかった服従初級課目を難なくクリアー。
ただ、お父さん。お近くで愛犬の勇姿写真を撮りたいのはよーく分かりますが、演技中の犬の進路に近寄りすぎです。
犬にばれない位置から、こっそりお撮り下さい。風下・物の陰がお勧めです。

最後に、柴犬 小鉄。
a0092032_0512336.jpg

三頭のうち、一番訓練も進んでおり、キャリアも長い。 脚側停座でのアイコンタクトも、なかなか良い。

脚側行進。
a0092032_113880.jpg


行進中の停座・招呼。
a0092032_12719.jpg


障害飛越。
a0092032_131955.jpg

すべて落ち着いて、形も良くこなしている。ハンドラーは大変緊張したと言っていたが、そんな影響は感じられない。
初めての環境で、ここまで落ち着いていつも通りの行動が出来る柴犬も、なかなか珍しいと思われる。

全員、問題なく合格。

この後、クッキーと小鉄は、服従中級の試験を受けた。

クッキーの紐無し脚側行進、往路(常歩)。
a0092032_163893.jpg

復路(速歩)。
a0092032_165626.jpg

やや遅れ気味だが、きちんとハンドラーについており、指示もよく聞いている。

行進中の停座・招呼(紐無し)
a0092032_110538.jpg

これも、犬の姿勢・ハンドラーへの注目共に良い。

続いて、小鉄の紐無し脚側行進。
a0092032_113268.jpg

ややハンドラーとの距離が離れているが、注目はしている。

行進中の停座・招呼
a0092032_114113.jpg

残念ながら横向きになってしまったが、顔は正面をきちんと向いている。この後の招呼も良い。

障害飛越(紐無し)
a0092032_1141762.jpg

形の良い飛越である。

この服従中級試験を行うあたりで、気温が急上昇し、アスファルトの温度が50℃近くになってしまった。
そのために、停座・伏臥を嫌がるケースも多々見られたが、クッキー・小鉄とも問題なくこなし、安定した集中力を見せた。

昼食を挟み、午後は捜索試験の初級。
a0092032_1195071.jpg

隠れ役が犬の名前を呼びながら、10㍍ほど離れたボックスの中にうずくまり、それに向かって走り、咆吼するというもの。
チームからはクッキーのみ参加する。 長い執着を示し、安定して吠え続ける。

続いて、捜索試験の中級。
a0092032_120448.jpg

指定された円の中に、箱が4つ有り、その内のひとつに隠れている「擬似遭難者」を3分以内に発見し、報告する。
(写真は、大変な好成績を収めた黒ラブのアニー)
初級を合格したクッキーはこれを受験し、1回目は一分半ほどで発見報告、2回目はさすがに疲労からか、若干集中力を欠き、また不運なことに駅ビル二階部分のギャラリーに視線が行ってしまい、そちらに吠えることで捜索意欲が切れた。ただ、これは審査員からも不可抗力とみなされた。
a0092032_1284494.jpg

クッキーの審査結果。その安定感と柴としては珍しい積極的な吠えで、2度目の発見無くとも合格。
今後の一層の訓練に期待するものである。とのことでした。

参加した皆さん、お疲れさまでした。出来たこと・意外に出来なかったことなど、いろいろな宿題・お土産があることでしょう。
それぞれ持ち帰って(私も含む)、日々ちょっとずつ、復習していきましょう。次回の、ワンランクアップの活躍を期待しております。
a0092032_1322789.jpg


にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
振り返れば、練馬はもう初夏。敷地内のタチアオイが、盛りを迎えていました。
[PR]